泣きたい理由

が、わからない、ここ数日。

疲れているだけ?

幸せだから?

 

今日、行きたいかどうかも心底わからないイベントで悩んだから?

実家に帰ってきたことを選んだから?

 

新しいことに対する不安でいっぱいだから?

自分が正しいかわからないから?

自分が何をしたいかわからないから?

 

ねぇ、本当に自分がちっぽけだよ。

 

誰か一人でいいんだ、愛せたら。

孤独でもいいんだ、自分の心がそうあるべきだと感じるなら。

 

傷つくことを忘れないでいて。

悲しむことを忘れないで。

それを恐れないで。疲れることも。

 

 

頭ではわかっていること

SNSで繋がっている大事な人もいるから、

ついつい落ち込んでしまう。

 

イベントに行けなかったり、コメントに返信がなかったり。

だけど、自分で決めたこと。

そうするって決めたこと。

 

だから、出発点は全部そこだ。

 

あーしょうがないっ!また次だ!

 

そう思う。

 

また頑張ろう。

たまには、自分のこと、信じてみよう。

 

 

夏の雨、

雨が降ってる、

夏の、雨だ。

 

私は、私を生きる。

 

誰にもそれは背負えない、だから邪魔もできない、見下げることも、けなすことも。

それは他者へも同じ。

私は誰の人生も背負えない。

だから、邪魔も、見下げも、けなすこともできない。

 

私を生きるのは、私だ。

君を生きるのは、君だ。

 

だから、必要以上に、罪悪感は背負わない。

その代り、精いっぱい向き合う。

ひとつずつ。

 

私は、私を取り戻す。

 

夏だ

お母さんに教えてもらったアイスミルクティー

ベランダに引っ越してきたバジル、

少し、手におえないかもしれないミニトマト

1日中フル回転の扇風機

 

手の届いた竹細工、手の届かないない物ねだりのこぎん刺し

何が楽しいか、時々わからなくなる

全部全部楽しくなかったみたいで

 

だからちゃんと眠ろう

 

まだ、竹細工の手提げかばんに夢を見ていること、

小説を書いてみようかと思うこと、

バジルの摘み取りを楽しみにしていること、

まだ読んでいない小説があること、

netflixでまだ見ていない映画があること、

今日の午前中のような、爽やかな落ち着いた日々を過ごすこと、

花ふきんがどこかで眠っていること、

次の冷たいおやつは何にしようか、

ひとりで深呼吸ができること、

八戸の朝市でまたたい焼きを食べたいこと、

 

そういうことを楽しみだと思える元気をちゃんと取り戻そう

大丈夫

こころに耳をひらく、それはきっとそういうことだ